保険の見直し | 火災保険、生命保険の見直し

火災保険の見直し

生命保険の見直し

HOME > 火災保険の見直し

マイホームの火災保険のチェックポイント

全部保険になっているか
保険金額=保険価額の「全部保険」は、保険金額が適切に設定されている理想の契約です。
保険金額<保険価額の「一部保険」は、保険価額に対して保険金額が不足しているため、万が一にも損害を被っても、保険金額の不足割合分保険金額が減額されて支払われるので要注意です。
保険金額>保険価額の「超過保険」は、保険価額を超過して保険金額が設定されている契約。実際に損害を被っても、支払われる保険金は、保険価額が限度となるため、超過部分の保険料は無駄になっています。
割引を利用しているか
火災保険や地震保険には様々な割引制度が用意されています。オール電化割引や住宅用防災機器割引など、利用できる割引がきちんと適用されているか、確認が必要です。
金利変動のリスク 保険はありません
地震を原因とする火災については、一般の火災保険では保険金が支払われません。地震の多い日本では、地震保険の加入もお勧めします。
補償の範囲は適切か
マンションであっても河川に近い場所に立てられていて、住居が1階である場合は水害の危険があります。一般的なマンションタイプの保険では、水害が補償されない内容になっていることが多いです。逆に、一戸建てでも、河川から遠く離れていたり、高台にあるような場合には、水災の補償が不要の場合もあります。必要な補償であれば、割増保険料を支払ってでも加入すべきであり、不要な補償は削って、保険料を節約したほうが良いといえます。
個人賠償責任保険は必要ないか
ベランダから物を落としてしまったり、水漏れ事故を起こしてしまったりなど、万が一にも近隣の住人に損害を与えてしまった場合に補償してくれる個人賠償責任保険は、一家に一つあると安心できる保険です。保険料も年間1,000円~2,000円程度と安いので、もし加入していなければ是非加入を検討されることをお勧めします。ただし、保険会社によっては途中で火災保険に付帯できない場合もあるので要注意です。
火災保険について詳しく見る 火災保険ガリレオ
火災保険
     
  • 前のページへ
  • 次のページへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ