住宅ローンの「基礎知識」 | 住宅ローンの種類や金利について知っていますか?

HOME > 住宅ローン

住宅ローン

民間ローン
民間金融機関の住宅ローン : 民間の金融機関が貸出しを行う住宅ローン。
変動金利型、固定金利期間選択型、全期間固定金利型から金利タイプの選択が可能です。また違う金利タイプを組合わせた借入も可能で、 金融機関によって独自性の高い住宅ローン商品もあります。 一般的には、変動金利型が主流で、全期間固定金利型は金利が高めになります。
フラット35 : 住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供する長期固定型金利の住宅ローン。
金融機関によって、金利や事務手数料が異なります。 金利タイプは長期固定金利型のみ。民間金融機関が独自に提供する全期間固定金利型より金利は低いのが一般的です。
公的ローン
財形住宅融資 : 財形貯蓄を行っている方を対象としたローン

金利タイプ

未払利息

固定金利型

a

メリット
・借入れ時の金利がずっと適用されるため、仮に借入れ後に市中の金利が上昇しても、将来にわたり返済額が変わりません。
・借入れ時に返済期間、返済額が確定(総返済額が確定)しているため、返済計画を立てやすくなっています。
デメリット
・借入れ後に金利が低下しても返済額が変わりません。

変動金利型

a

メリット
・借入れ後に金利が低下すると、返済額が低下します。
デメリット
・借入れ後に金利が上昇すると返済額が増加してしまいます。
・借入れ時に将来の返済額が確定しないため、返済計画が立てにくくなります。
・借入れ後に金利が急上昇した場合、未払い利息*が発生する事があります。
*未払利息とは
一般的な変動金利型ローンの場合には、金利が大きく上昇すると、毎月の返済額の利息部分の内訳が大きくなり、ついには元金の内訳がなくなる事があります。更に利息が毎月の返済額を超えてしまう場合には、毎月の返済額では支払いきれない利息が発生します。その毎月の返済額を超えた部分の利息を「未払利息」と言います。

未払利息

  • 次のページへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ