借り換えの「ポイント」 | 借り換えの時に気を付けるところは

HOME > 借換えで得する方法

借り換えで得する方法

現在の借入残高が大きく、返済期間が長いほど、借換え効果は大きくなります。
一般的には
① 借入残高が1,000万円以上
② 借入残期間が10年以上
③ 借換えによる金利差が1%以上
上記3項目を全て満たしている場合は、借換え効果が非常に大きくなると言われています。
住宅ローンは返済額も大きく、数十年に渡って返済していくものなので、例え全ての項目が当てはまってなくても、大きな借換え効果が生まれる場合もあります。

ポイント1 低金利住宅ローンへの借り換え
現在の住宅ローン金利より低金利の住宅ローンへ借換えを行えれば、月々の返済額が減らせたり、総返済額が抑制できます。 具体的にみてみましょう!
借入残高が2、000万円、借入残期間20年、借換え時の金利差が1%の場合(金利3%から2%への借換えの場合)
借換え効果 ⇒ 総返済額は約234万円も軽減できます。
ポイント2 固定金利型による金利上昇リスクへの回避

例えば、現在変動金利で1%台で借入を行っていたとしても、将来的な金利上昇リスクを背負っていかなくてはなりません。
例え、見た目の金利や月々の返済額が上がったとしても、将来的な金利上昇リスクの無い全期間固定金利型は、今後数十年間の安心を買う事ができるのと同時に安定したライフプランが形成できます。
借換え時の見た目の経済効果が無くても非常に有効な借換えと言えます。
借換え効果 ⇒ ①金利上昇リスクの回避 ②支払額の固定 ③将来的な安心

借り換えの注意点

借換えの注意点
現在、住宅ローンを組んでいたとしても、必ず借換えが出来るとは限りません。 当初借入時同様、住宅ローン審査があります。 年収が大幅に下がっている方や車や養育費ローンの支払いが大きい方などは、借換えが難しい場合もあるので注意が必要です。

  • 借換え時にも住宅ローン審査がある。
  • 借換えには数十万円の諸費用がかかる(借換え先の住宅ローンに上乗せする事も可)
  • 原則、借換えによる返済期間の延長は不可
  • 原則、現在借入の金融機関からの借換えは不可
  • 次のページへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ